こんばんは。
なりたい体&顔を創るヨガインストラクター 宝野 ゆきこです。

皆さんの年齢を感じる…ところはどこでしょうか?
先日のプチ顔ヨガレッスンでは年齢の出やすいあの場所を鍛えるレッスン。
それは…

首のシワ・たるみ

シワ一つないキレイな首筋って素敵ですよね。
でも…、早い方では20代から、30代でもシワが目立ってくる方が…。

その原因は、

  • コラーゲンやエラスチンの減少によって肌の弾力が失われ、脂肪を支えられなくなる
  • あごからデコルテにかけて伸びる広頚筋(こうけいきん)という筋肉が衰える

などが挙げられます。
広頚筋は、下のイラストのピンク色の箇所。
あご下からデコルテにかけてある筋肉です。

この広頚筋を鍛えたりストレッチすることにより、首のシワにアプローチしていきます。
広頚筋を鍛えるには、首に縦筋を立てては緩めるを繰り返し、
ストレッチするには、上を向いて首の前面を伸ばしていきます。

ただし、首が弱い方は上を向くとき少しだけ注意!!
下の写真、OKとNG写真で何が違うでしょうか?

答えは、首のカーブ。
NGの方は、首のカーブが急で首を痛めやすくなっています。
首の弱い方やむち打ちなどで痛めた経験のある方は要注意。


目的は、首の前面を伸ばせばよいので、首がつらい…という方は、首の後ろで手を組んでサポートしてあげましょう。
このポーズ、二重あごにも効果的です。

無理をして体を痛めるのではなく、自分が気持ちのいいところをキープしてしなやかな筋肉を作りましょう。

本日も読んでくださりありがとうございました。