【整体ヨガ】ヨガブロックの使い方 ~床に座るときにとっても便利~

こんばんは♪
なりたい体&顔を創るヨガインストラクター 宝野 ゆきこです。

最近はレッスンでも、ヨガブロックを持ってきてくださる方もいたりして^_^
今日は、ヨガブロックのヨガレッスンだけではない便利な使い方について、お話ししたいと思います。

■ ヨガブロックとは?

普段は、ポーズで手が届きにくい時などに使うよ、といった方も多いのではないでしょうか?
ヨガポーズの補助として使用します。

■ヨガブロックを使うと座るのが楽に!?

長時間の正座は足首が痛くなったり、足がしびれてしまったり。
あぐらも腰が痛くなってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか?
実は、正座やあぐらをかくときにヨガブロックを使うととっても便利。

正座は、足首に体重が乗りすぎて痛みを覚えたり、
足首が硬めだと特に痛みを感じるのですが、
ヨガブロックに乗ってみると、
骨盤はヨガブロックの上にあるので足首の負担が軽くなります。

あぐらは世界的には、「姿勢を正しやすい座り方」と言われているのですが
ついつい腰や背中が丸まってしまう方もいるのではないでしょうか。

股関節周りの筋肉が硬めの方は背中が痛くなってしまうこともあるのではないでしょうか。

あぐらの場合もお尻の下にヨガブロックを置くと、
骨盤が立ちやすく、腰への負担が減りますよ^_^

また、背中も丸まりづらいので、胸が開きやすく
ヨガブロックの上に座ると
「呼吸がしやすい」
という方もいらっしゃいます♪

持ち運びをする方は、発泡スチロール製のヨガブロックが軽くてオススメですが、
家に常備するよ、という方は写真のようなコルクでできたヨガブロックもオススメ。
こちらはちょっと重たいです。

先日のグループレッスンでも、ポーズによってはヨガブロックを使う方もちらほら♪
ご自分のお体に合わせて、使ってみてくださいね。

本日も読んでくださり、ありがとうございました。
2月も残すところ、あと一日。
朝晩の寒暖も激しいので、お昼間の温かさと、朝晩の冷え込み対策をしてくださいね。