【アロマ】鼻づまりの時期に ~春のアロマバスタイムレシピ 1~

おはようございます♪
なりたい体&顔を創るヨガインストラクター 宝野 ゆきこです。

今年もあの季節がやってきたようです…。
というのは、花粉症。

先日、奈良(桜井市&宇陀市)に旅行に行ったときは、
周りの方が花粉症で辛そうにされていたのは拝見したのですが、

名古屋でもどうやら、3月に入る前から花粉症の方にはつらいシーズンとなってきたようです。

花粉症の症状の一つ、鼻づまりの方からご好評をいただいたアロマバスを紹介いたします。

鼻の通りが良くなる…と言えば、ペパーミント

ペパーミントは皆さんご存知の清涼感満載、メントールの香り。
焼肉屋さんに行ったあとの、ガムやアメでお世話になる方もいらっしゃるのでは?

鼻を突き抜けるような清涼感があるペパーミントを使ったレシピをご紹介します。

本日のレシピ

ペパーミント2滴+レモン1滴+ローズゼラニウム1滴

天然塩か、お好きなオイルでどうぞ^_^
アロマテラピー全般の注意事項は、こちらをご覧ください。

実は、この香りはちょっとだけレモネードっぽいです!

さらに、レモネード感を強めるためには、

ペパーミントとレモンの割合を逆にしてくださいね。

 

注意事項
レモンは光毒性という”光に当たると赤くなったり、かぶれる”作用が強くあります。
使用後、12時間ほどは日に当たらないようにするのがオススメです。

最後に
アロマテラピーは香りで幸せにしてくれますが、
効能には個人差もあります。
皆さま、自己責任でお使いいただくようお願いいたします。

本日も読んで下さり、ありがとうございました!
花粉症の方は、辛い季節が続きますが、
香りなども取入れてみてくださいね。