【整体ヨガ】ひざを痛めにくい!?効率の良いウォーキング

こんばんは♪
なりたい体&顔を創るヨガインストラクター 宝野 由紀子です。

昨日の名古屋は、ウィメンズマラソンで大賑わい。
走られた皆さま、お疲れ様でした!
応援に行った皆様も、「走りたい」「ウォーキングしたい」
という方も多いのではないでしょうか?

温かくなり、最近は、
「ウォーキングってどうしたらいいの?」
「すぐに膝が痛くなってしまう…」
という、お問い合わせが増えています^_^

今日は、膝を痛めにくくする!ウォーキングをお伝えします^_^

長く元気に歩くための要は、膝

皆さんは普段、どんな歩き方をしていますか?
あまりに自然すぎて、よくわからない…という方も多いのではないでしょうか?

今日は、膝に注目してみたいと思います^_^

歩くと膝が傷んでくる、という方、
もしかしたら普段の歩き方が原因かもしれません。

膝は、太ももとスネの骨の関節がある場所。
互いの骨の先端は、軟骨で覆われ、
関節全体は「関節包」という膜で包まれています。
関節包は関節液で満たされ、潤滑油として、
膝の曲げ伸ばしをスムーズにしてくれます。

潤滑油が少ないと、軟骨が擦れやすいので、
痛みが生じることも。

でも、ご心配なく♪
この潤滑油、実は膝を曲げ伸ばしをすることで
作られます。
歩くときは、膝の曲げ伸ばしをしっかりと行いましょう。


ここでもう一つポイント。
着地するときに、少しだけつま先を外側に開いてあげましょう。

そうすることで、膝が伸びやすい足に近づきます^_^

ウォーキング前のストレッチで、
膝を伸ばしてあげるのも効果的。
そのときには、少しだけ、つま先を外側に開いてもらうだけでも、
膝を痛めづらくなります^_^

明日は、ウォーキング第二弾♪
おなかに縦ラインを創る歩き方についてお伝えしようと思います。

本日も読んでくださり、ありがとうございました。
健やかにお過ごしください。