【顔ヨガ】目元のたれ、年齢のせいではないかもしれません

こんばんは♪
なりたい体&顔を創るヨガインストラクター 宝野 ゆきこです。

先日の顔ヨガレッスンでは、お客様からこんな一言が。

「年々、目が垂れているように感じます…」

そう、お顔の筋肉がたるんでくると、
垂れ目になったりするんです。

私の中でのたるんだイメージはナマケモノ…。

頭蓋骨に貼りついているだけのお顔の筋肉

お顔の筋肉は、片方は頭蓋骨にくっついていますが、
もう片方は、皮膚や他の筋肉と接していたりするため、
支えてあげるものがなく、
重力の影響をダイレクトに受けてしまします。

…ということは、
お顔を鍛えていないと、
使われていない筋肉がどんどん下に引っ張られ、
たるみが発生。

目の周りには、眼輪筋などの筋肉がありますが、
鍛え方など教えてもらったことがある方は少ないと思うので、
鍛え方が分からず、気付くとたるみが進行してしまいます。

でも、年齢のせい…とあきらめるのはまだ早い!!

そんな時は、まずは、目の周りを鍛える顔ヨガで筋肉に動くスイッチを入れてあげましょう。

「眉を動かさないように目を開けたり、細めたりする」のがポイント。

レッスンでは、お一人お一人ポーズをチェックさせていただきました。

また、今回は、こめかみから頭にかけてを指の腹を使ってくるくると。
柔らかくなったところを、後頭部に向かって引き上げるマッサージも取り入れました^_^

これは、側頭筋という筋肉を引き上げるのに効果的。
ポニーテールをすると、顔が引き締まるというのが一時期美容法でありましたが、
それと同じ原理です。

体は、20秒ほどキープすると、そのままの状態を保とうとするので、
少しの間、目元が涼しげな状態をキープすることができます❤

それを、それを少しずつ習慣にすると、顔がきゅっと引き締まってきますので、
是非やってみてくださいね。

本日も読んでくださり、ありがとうございました。
朝晩の気温差が激しい毎日。
健やかにお休みください。