【整体ヨガ】一人瞑想で、自分のカラダや気持ちと対話し、消化する

こんばんは!
なりたい体&顔を創るヨガインストラクター 宝野 ゆきこです。

今朝は、関西圏で大きな地震…。
被害に遭われた方、そのご親戚の皆さま、
不安な夜だったりするのではないでしょうか…。
心よりお見舞い申し上げます。

気持ちが落ち着かないときの瞑想…。

今日は、全くレッスンでは行わない、瞑想について。
あれだけ、銘打ってやらないのに個人的にはオススメしています。

なぜなら、集団で行うとマインドコントロールになってしまうこともあるから。
集団というより、他の人に声掛けしてしまうと、といった方がしっくりきますね。

個人的には、自分のカラダ。
例えば、呼吸や見ているものやヨガのポーズをとっているなら、気持ちのいいところ。ちょっと痛いところ。
それを観察することで、
自分と他者との比較、ではなく、
自分自身の観察に落ち着くから。

他人と比較したり、
嫌だなぁという感情にとらわれてしまうと、
どんどん深みに入ってしまったり、嫌な気持ちが続いてしまうから。

「あ、いやな感情だったな、以上」
と打ち切るようにすることにより、
引きずらずに済むことも。

瞑想は、究極の「自分フォーカス時間」だと思っているので、
せっかくだから、自分の感情にも気を付けてみましょう。

怒りやすいポイントなども見つけられるかも。

本日も読んでくださり、ありがとうございました。
健やかにお過ごしください。