【顔ヨガ】あごの肉が邪魔で正しい姿勢が取れない!?なんて悲しすぎる…

こんばんは♪
なりたい体&顔を創るヨガインストラクター 宝野 ゆきこです。

前回の整体ヨガグループレッスンでは、
壁を使って体に楽な重心の掛け方をお伝えしました。

…そのときに、皆さん正しい姿勢なってもらったところ、
「ツラい!!」と何人もの方から伺った場所があります…。

あごの肉が邪魔。

体に負担の少ない立ち方では、

お尻・肩甲骨・後頭部

を壁につけるのですが

いちばん多かった意見が
「アゴの肉が邪魔で後ろへ頭をひけない」
でした。

伸ばしすぎているところを緩めると、肉が寄ってしまう…。

これはどういうことかというと、
普段の姿勢などで、猫背だったり、あごが上がっている方がいるとします。

その方が胸を張ると、普段猫背でピンっと張っていた背中に肉が寄り、
上を向けばピンっと張ったあごも引けば、あご下に肉が寄ってしまいます。

背中やあごに肉が寄るのが嫌で、姿勢が猫背の方もいるくらい。
美しく見せるために、体に負担をかけるなんてちょっと悲しいですね。

せっかくなら、引き締めながら姿勢も良くしていきましょう♪

弛んでしまったところを筋トレしながら引き締めていくことになるのですが、
特に
「あご下ってどうやって鍛えるの?」
という方が多いのではないでしょうか。

首の前面を伸ばしたり、あごを引いて力を入れたりしてみましょう。

最初は、違和感がありますが続けるとすっきりしてきますよ。

もちろん、顔ヨガレッスンでも、二重あごをすっきりさせるポーズをお伝えしていきますね。

本日も読んでくださりありがとうございました。
健やかにお過ごしください。