【整体ヨガ】歩くとき、走るとき、きちんと足の裏を使えてる?ヨガでしっかりケアをしよう!

おはようございます。
なりたい体&顔を創るヨガインストラクター 宝野 ゆきこです。

今日はあいにくの曇り空の名古屋ですが、
秋の雰囲気がしっかりと漂ってきましたね。

朝、散歩をしていると、ウォーキングやランニングをしている方もちらほら…。

秋の訪れを感じます^_^

さて、今日は歩くとき、走るとき、地面と私たちの体をつないでくれる足の裏についてです。

きちんと足の裏を使えていますか?足の裏を使うためのヨガポーズでばっちりケア°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

「歩く」「走る」
普段何気なくやっているこの行動ですが、
そんなときに、地面についている足の裏、どのような順番で地面にくっついたり、離れたりしているのでしょうか?

諸説ありますが、

  1. かかとをつく
  2. 指を除いた足の裏全体
  3. 指も含めた足の裏全体
  4. 足の指
  5. 足の指の親指(蹴りだす)

の順番だと、体に負担のかかりづらい足の裏の使い方、と言われています。

今回のレッスンではこの中で、
2. 足の指を除いた足の裏全体
4. 足の指
を地面につける
をローランジと共に、行っていただきました✨

足の指で地面をとらえる!!不思議な感覚°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

今回は、壁を使って
壁に足の指以外が当たるように、
床に足の指が当たるように
ランジをしていただきました。

最初はヨガブロックを使って、体を安定させ…

慣れてきた方は、少し体を起こしてみました。

足の指が常に床から浮いてしまう浮き足の方もいらっしゃったこともあり、
足の裏がつりそう!!
足の裏が伸ばされる!!
など、いろいろなご感想もいただきつつ、
しっかりと足の裏をつかっていただきました。

ヨガポーズで癖付けを
そして、普段の歩き方も意識的に行っていただけると、
足や膝の痛みなどにも効いてくると思います^_^

是非是非、やってみてくださいね。

本日も読んでくださり、ありがとうございました。
台風も近づいているようです。
台風が接近される地域の皆様、お気をつけください。